カルテを電子化することのメリットをご紹介

最近病院にかかったりすると昔と違い電子化したカルテをよく見かけます。病気の治療・患者さんの管理など病院にとって欠かすことのできない存在です。紙のカルテは探し出すのに時間がかかり、保管場所に困るなどのリスクがありました。電子化したカルテは、そのようなリスクをなくすために生まれました。メリットは様々ありますが、先も言った通り、まず探しやすさ、保管場所の軽減があげられます。パソコン内で保管され、キーワードを入力すれば該当者が探し出されるのでとても便利です。また、各種検査結果を直接カルテに転送できるので、レントゲンなども該当箇所を拡大して、より分かりやすく説明することができます。仮に何らかの都合で転院することになってもデータを焼くことで、今までの治療記録が転院先でもすぐにわかるようになります。

電子化したカルテと実際の治療におけるメリット

電子化したカルテは、紙のカルテの時よりも紛失や取り違えなどのトラブルが大幅に減っています。カルテとは、これまでの診療記録や現在の治療方針や経過など重大な情報が詰まっているとても大切なものです。取り違えや紛失などは、患者さんの命にもかかわる重大な問題です。電子化したカルテならば何らかの事情で違うカルテが医師のもとにわたってしまったとしても、すぐに正しいカルテをパソコンから引き出すことができます。また、必要あれば今の治療方針や治療状況を実際に見せながら話すことができるので患者さんも安心できるというメリットもあります。また、入力はパソコンで行われるので、読み間違いなどのリスクもありません。パソコン一つで患者さんの既往症やアレルギーも知れますし、現在の医療情報を検索し、最新治療法を紹介しながら治療方針を決めることも可能です。

電子化したカルテのメリットと注意すべき点

電子化したカルテには多くのメリットがある一方、注意すべき点もあります。まず、必ずと言っていいほどあげられるのが、システムの不具合などの問題です。特に停電が起こってしまうと予備電源は限りがあるため、より重要な設備に回されます。そのため電子カルテが閲覧できなくなり、医療機関そのものがストップしてしまう事態にもなりかねません。バックアップなど、対策が必要となってきます。また、そういった対策費用も含め、初期投資が高額だという問題点や、職員への教育、定期的なシステムのアップデートなど、導入後の必要事項もなどもあります。またデータの盗難対策も必要です。しかし、これらの点を差し引いても多くのメリットが電子カルテにはあります。医療の効率化、ミスの抑制、病院職員の負担軽減など、患者さんのためになることが多々あります。より良い治療環境の確立の一つとして、今後も広まることを期待します。