カルテの電子化によりスペースが省けるメリットがあります

病院にかかると診察を受けると、カルテに診断結果やどのような薬を処方したかなどの内容を記録されています。そのカルテには、保存期間が定められています。定められている期間は5年ですが、病院によっては5年以上保存していることもあります。病院では、そういったカルテを保存するためのスペースが必要となります。患者数の多い病院や、カルテを長期保管している病院では、カルテを保管するための部屋のようなスペースを確保しておかなければならないほど、膨大な量となります。それを解決できるのが、カルテの電子化です。カルテの電子化の一番のメリットは、このようなスペースを省ける点です。電子化ですので、もちろんデータで管理されます。いままで紙のカルテ保管していたスペースを他のことへ有効活用することが出来ます。

スペースを省けるだけじゃない電子カルテのメリット

カルテの電子化には、スペースを省けるだけではありません。他にも、自動チェック機能が導入されています。それによって、ミスなく、素早く入力することが出来ます。さらに、誤って入力してしまった内容もチェック機能によって防止できたりします。薬の処の部分では、体の中に入っていくものですので、副作用や、飲み合わせなど一般の人にはわかりませんので、誤って処方されてしまってもわからず飲んでしまいます。こういったコンピューターによるチェック機能もメリットの一つです。他にも、電子カルテによって、データが蓄積されます。データにまとまっていることで、グラフ化したりして口頭での説明だけでなく、目からも情報を入れて説明することできます。患者側は、口頭のみよりも、理解を深めることが出来ます。

カルテの電子化によって患者側にもあるメリット

現代の医療の現場では、電子化が進んでいます。電子化になっているのはカルテだけではありません。レントゲン等の画像や、様々な検査結果も電子化されています。患者の情報や検査結果を一貫管理することで、患者に説明する際の事前準備する手間が大いに省け、その使っていた時間を他のことに使うことができるようになります。また準備の際に、書類を出し入れすることがなくなります。そのため、書類がなくなったりしてしまうことも防ぐことが出来ます。電子化することで時間に余裕が生まれて、多忙な医師や看護師にもゆとりが生まれると思います。受付や会計の時にもカルテは使われています。電子化によってパソコンで簡単に表示されますので、カルテを探す手間が省け、カルテが会計のところへ回ってきていないことで会計が出来ずに待つ時間が長くなってしまうこともありません。カルテの電子化は、患者側へのメリットも大きいでしょう。