カルテの電子化により顧客管理が楽になるメリットがあります

来院する患者さんの症状などを記録するためのカルテが果たす役割は、医療の現場でとても重要なものです。カルテを通して、過去に診察した際の症状や診断内容、処方薬の種類、病状の経過など治療に関する詳細な記録を確認することができます。以前は紙のカルテが主流でしたが、効率が良く管理の面においても利便性の高い電子化されたカルテを導入する病院が増え、一般的なものとなってきました。診察に訪れる患者さんの情報管理を一括で行なう電子化されたカルテは、受付業務の負担軽減、会計時間の短縮、文字が読みやすいので指示などの伝達ミスを防ぐことができるといったメリットがあります。こうした業務の効率化により、患者さんの待ち時間を減らすこともでき、通院する患者さんの満足度の向上にも繋がると言えるでしょう。電子化されたカルテは今後ますます導入されることが見込まれています。

紙のカルテから電子化するメリットとは

カルテを電子化することで、紙のカルテを使用する場合と比較した時にどのようなメリットがあるのか挙げてみましょう。まず紙のカルテの場合、膨大な量のカルテを保管する場所を確保しなければならず、カルテを探す際の手間や、紛失のリスクもあるといった管理の難しさがあります。カルテを電子化することで、検索機能で探す手間を省くことができるなど紙のカルテで抱えていた問題を解決することが可能な上、保管場所を確保する必要がないのでその分のスペースを有効活用することができるというメリットもあります。患者さんの医療機関の受診歴をはじめ、アレルギーや薬に関する情報、血液型なども一目で確認が可能です。スピーディーで適切な対応が求められる医療現場では、こうした業務の効率化が医療ミスを防ぐことにも繋がります。

種類別に見る電子化したカルテの特徴とメリット

導入することでメリットの多い電子化されたカルテには院内設置型とクラウド型の2種類のシステムが存在します。多くは院内に設置されたサーバーを利用してカルテを管理する院内設置型で、受付や診察室などに設置した端末を利用してサーバーにアクセスし、必要な情報を取得する仕組みになっています。一方クラウド型はインターネット回線を活用して提供されるシステムを利用するもので、院内にサーバーを設置する必要がありません。端末とインターネット環境さえあれば病院から離れた場所でもシステムを利用でき、迅速で適切な対応をとることもできます。データを院内で管理していないことから、地震や台風などの自然災害といった予測不能な事態の際でも、病院業務への支障を最小限に抑えることができるので、BCP対策にもなります。システムの更新やバックアップ作成などメンテナンスの手間も省くことができるので、とても便利なシステムと言えます。