紙カルテと電子カルテのメリットを比較します

患者さんの病状や処方などを記すものを、カルテと言います。これを見れば、診断の内容や経過、処方薬が一目でわかります。これまで医療現場ではカルテは手書きのものが多く使用されていましたが、昨今ではカルテの電子化が進められています。紙のカルテでは手書き文字が読みづらいこと、カルテを探す手間や紛失の恐れなども考えられます。一方、電子カルテであれば患者さんの情報はすべてデータ化されており、検索機能で素早く情報を導き出せます。また、端末とネットワークがあればどこからでもアクセス可能、カルテの保管場所をとらないこと、そのほかたくさんのメリットがあります。医療従事者にとって業務を効率化できるので素早く処理できるのは、待ち時間の軽減にもなります。しかし、医師が電子カルテの操作に慣れていない、初期導入費用が高い、停電の場合の対応など、デメリットもあります。

パソコンが苦手でも大丈夫、電子カルテのメリット

長年紙カルテを使用してきたことで、電子カルテの導入になかなか踏み切れない方もいらっしゃるでしょう。そういった方でも簡単に利用できる仕組みがありますので、安心です。例えば、定型文や文書のテンプレート機能を使えば、一部の書き換えのみで入力が可能。チェック項目を使って文字入力を極力減らすこともできます。また、音声入力に対応しているものもあります。患者さんとの会話の記録や、長文入力などキーボード操作がなくても入力可能です。また、タッチペンを使った手書き入力なら、従来の紙カルテと同様の感覚で使えるため抵抗なく使えます。クラウド型の電子カルテであれば、院内のサーバーではなくサービスを提供しているデーターセンターへのアクセスとなり、外出先であってもカルテの閲覧が可能になるメリットがあります。緊急時などにも無駄なく情報を得られ、指示を出すことができます。

電子カルテ使用の目的をメリットとともにまとめる

電子カルテの普及率は徐々に上がってきています。医療業界において、電子カルテはメリットばかりの必須アイテムとなるでしょう。しかし、導入したものの、使いこなせない、思っていたものと違うといった声もあります。これから電子カルテの導入を考えるのなら、いくつかのポイントに絞って検討してみましょう。まずは、電子カルテ使用の目的です。必要とする機能、あったら便利な機能、なくてもいい機能といったように、考えをまとめておくことが大切です。導入時につい要望が多くなり、膨大な費用になってしまったということも考えられます。電子カルテでどこまでを管理したいのか、その目的をはっきりさせたうえで予算やメーカーを決めていきましょう。電子カルテのシステムにはカスタマイズ式とパッケージ式があります。どちらがよいかは運用方法によりますので、目的に応じて選びましょう。